薬剤師の転職

Pocket

世間一般での薬剤師のイメージは、比較的高給で、資格と経験があれば復職も容易に出来ると認識されている方が多くいますが、その反面、就職後に失敗と感じる方がいるのも現実です。ここでは、薬剤師の転職の際のポイントについて、ご説明します。

転職をしたいけど成功するか、失敗しないようにするには、どうしたら良いのか、と言う悩みを抱えている薬剤師さんはたくさんいます。転職の際、成功するポイントとして、実際、どのような仕事をしたいのか、将来的にどうなりたいのか、などのプランを明確にしておく必要があります。給料や通勤の利便性も非常に重要なポイントとなりますが、それを優先した場合、本来やりたい事ではない仕事を選択してしまう事でストレスを感じ、勤める事が困難になっていしまいます。次に、面接時に先方が言っている条件が、実際その通りなのか、自分で判断しない事です。残業の有無や頻度に関して、入職後に、面接時と言っていた事が違う、などの話はよくあります。最近では、薬剤師の転職支援サイトなどで離職率や内情などを教えてくれたり、入職後もフォローをしてくれるサイトなどもありますので、こういったサイトを利用する事をお勧めします。また、キャリアアップやスキルアップに重点を置く事で、実際、転職してもスキルが追い付かなかったり、環境になじめないなどと言った問題が生じます。転職先がどのような事をしているのか、今の自分の能力で成功できるのか、どのような人材を求めているのかなど、下調べをする事が重要です。

薬剤師が転職する際、下調べを入念に行い、転職支援サイトなどでより正確な情報を得る事をお勧めします。